永代供養についてもチェック!種類を把握しよう

永代供養について知る

身寄りがいない、お墓を管理してくれる人がいないなどの問題を抱えている場合は永代供養という方法があります。永代供養とは霊園や寺院が代わりに管理~供養まで実施してくれるので、終活の際にはチェックしておいた方が良いでしょう。

永代供養のおすすめポイント

お墓

霊園などに管理と供養を任せられる

お墓を持つと毎年、誰かが管理や供養をする必要があります。なお、身寄りがいない場合は永代供養で霊園に管理と供養を任せることが出来るでしょう。管理先によっては供養の頻度や回数に違いがあるので、事前に確認しておくことです。

宗派や宗旨は特に関係ない

永代供養は誰でも利用することが出来るのがおすすめポイントとなっています。宗派や宗旨が問われないので、手続きさえ無事に完了したら霊園がきちんと管理と供養をしてくれますよ。

費用が抑えられる

新しくお墓を建てる場合、墓石代などでかなりの費用が発生してしまいます。永代供養は墓石代がかからない分、費用を抑えられるでしょう。お墓にそんなにこだわりがない場合は永代供養でも大丈夫と言えます。

永代供養についてもチェック!種類を把握しよう

花

屋外型

京都や神奈川には数多くの霊園があり、永大供養を取り扱っているところも多いです。永代供養には主に「屋外型」と「屋内型」に分かれているので確認していきましょう。まず、屋外型はその名の通り外にあります。納骨壇型や納骨塔型、墳陵型の種類を用いて管理と供養をしていきます。

お参りする人

屋内型

一方で屋内型は建物の中で管理と供養を行ないます。主に納骨堂と呼ばれることが多いでしょう。屋内型でも稼働収納式やロッカー式に分かれており、色々な種類があります。見た目は通常の墓地と違いがありますが、機能面で見るとそんなに変わりはありません。

どちらが良いか決めていこう!

終活で色々決めていくにあたって、永代供養という方法もあります。お墓のことを考えて永代供養にするか決めていきましょう。なお、永代供養にすると決まっても今度は利用する霊園の決定もあるので、色々と情報を集めていく必要がありますよ。